4.1 文書を束ねる

Desk上にあるDocuWorks文書やPDF文書同士を、ひとつの文書に束ねることができます。

ドラッグ&ドロップして束ねる

[図1]

サムネール表示で、DocuWorks文書の上にほかのDocuWorks文書をドラッグ&ドロップして重ねると、2つのDocuWorks文書が1つの文書に束ねられます。[図1]

PDF同士、DocuWorks文書同士であれば束ねることができますが、PDF文書とDocuWorks文書など違う種類のファイルは束ねることはできません。

ドラッグしたDocuWorks文書は、ドロップ先のDocuWorks文書の表示ページの前に挿入されます。束ねた際に1ページ目のDocuWorks文書名が新しい文書の名前になります。

標準ツールバーの[束ねる]ボタンを使う

[図2]

(1) DocuWorks文書は選択した順番に束ねられます。先頭にしたいDocuWorks文書をクリックしたのち、〈Ctrl〉キーを押しながら、束ねたい順番にクリックします。

(2) 標準ツールバーの[束ねる]ボタンをクリックします。クリックした順にDocuWorks文書が束ねられます。文書名は、最初にクリックしたDocuWorks文書の名前になります。[図2]

メニューバーから操作してDocuWorks文書を束ねる

(1) 束ねたいDocuWorks文書を同様に選択し、Deskメニューの[文書]→[束ねる]を選択してもDocuWorks文書を束ねることができます。または、束ねたいDocuWorks文書の上で右クリックし、[束ねる]を選択してもDocuWorks文書を束ねられます。