4.4 アノテーションを付ける

DocuWorks文書に、付箋や文字、マーカーなどの「アノテーション」を付ける方法を説明します。

アノテーションでできること

付箋や文字、マーカーなどのことを「アノテーション」といい、アノテーションツールーバーにあるボタンをクリックして「アノテーション」を付けることができます。

付けたあと、大きさ、色、形などを変更したり、移動、コピー、削除することもできます。

アノテーションツールバーは、基本、スタンプ、図形、おすすめの4つがあります。

  1. 黒い文字を書く
  2. 赤い文字を書く
  3. テキストありの青の付箋を貼る
  4. テキストありの緑の付箋を貼る注1
  5. 黄色いマーカーを引く
  6. 赤い直線を引く
  7. 青い折れ線(終点矢印)を引く
  8. 赤い四角形を描く
  9. 赤い楕円を描く
  10. 赤い枠で水色多角形を描く
  11. 赤い雲曲線を描く
  12. OLEオブジェクトを挿入する
  13. リンクを張る
  14. 日付印を押す
  15. 日時を入れる
  16. A4たての白紙を挿入する
  17. 白紙を挿入する
  • 注1 入力された文字の幅に合わせて付箋の幅と高さが変わります。

Memo

  • 「図形」「スタンプ」「おすすめ」のアノテーションツールバーは、初期状態ではフロート(浮かんだ)状態です。ツールバーをウィンドウの上下左右にドラッグすると、ドラッグした側に固定されます。
    固定状態からフロート状態に戻すには、ツールバーのギザギザ部分(カーソルが十字形に変わります)をドラッグします。