4.9 スキャン文書のノイズ除去と傾き補正をする(ページの加工)

スキャンした時の下地の汚れや黒点などのノイズ、また斜めスキャンされた文書を補正する方法について説明します。

Deskでノイズを除去する

[図1]

(1) スキャンした文書をDocuWorks Deskに取り込み、Desk上で選択します。[図1]

例では[サンプル文書-DocuWorks 9]にある[スキャン文書]を利用します。

[図2]

(2) Deskのお仕事バーにある[便利な機能]から[ページの加工]を選択します。[図2]

[図3]

(3) [ページの加工]ダイアログボックスが表示されます。[図3]

(4) [イメージページ]タブ内の、[白黒イメージのノイズ除去をする]にチェックを入れ、[強度]をいずれかを選択し、〈OK〉をクリックします。

(5) ノイズが除去されたDocuWorks文書が生成されます。
元のスキャンした文書にあったノイズが低減されています。[図4]

[図4]

Memo

  • DocuWorks 9のお仕事バー「仕事の手順」に設定された「傾き補正とノイズ除去」ボタンを利用してもできます。

Deskで傾きを補正する

斜めにスキャンされたDocuWorks文書を補正することができます。

[図5]

(1)スキャンした文書をDocuWorks Deskに取り込み、Desk上で選択します。[図5]

例では[サンプル文書-DocuWorks 9]にある[スキャン文書]を利用します。

[図6]

(2) Deskのお仕事バーにある[便利な機能]から[ページの加工]を選択します。[図6]

[図7]

(3) [ページの加工]ダイアログボックスが表示されます。[図7]

(4) [イメージページ]タブ内の、[自動的にイメージページの傾き補正をする]にチェックを入れて〈OK〉をクリックします。

[図8]

(5) ページの傾きが補正されたDocuWorks文書が生成されます。[図8]

Viewerで傾きを補正する

[図9]

(1) 傾きを補正するDocuWorks文書をViewerで開きます。

(2) Viewerメニューの[ページ]→[傾き補正]を選択します。[図9]

[図10]

(3) [傾き補正]ダイアログボックスが表示されます。回転する方向を選択し、度数を入力して〈OK〉をクリックします。[図10]
(0.0∼5.0度まで指定できます。)

(4) 画像が指定したように回転します。

Memo

  • [傾き補正]ダイアログボックスで〈マウスで指定〉を選択すると、マウスの形が変わり、元の原稿の水平な線などに合わせてページ内でマウスをドラッグして線を引くと、[傾き補正]ダイアログボックスに傾き角度が指定され、視覚的に回転角度を決めることができます。
  • Deskの[わく消し]プラグインアイコンをクリックすると、スキャン時にできてしまった黒い枠を消すこともできます。