5.4 フォルダーをリンクする(リンクフォルダ)

リンクフォルダを使って、ネットワークのフォルダーなどのユーザーフォルダ以外のフォルダーを、Deskのフォルダーとして利用する方法を説明します。

リンクフォルダを使ってDocuWorks文書を共有しよう

リンクフォルダを使えば、自分のPCやネットワーク上の他のPCのフォルダーにリンクして、DocuWorks文書やバインダーを共有することができます。

[図1]

PC上のフォルダーをリンクフォルダに設定します。ネットワーク経由で共有設定したフォルダーに保存されたファイルを、DocuWorksのリンクフォルダを開いてアクセスすることができるようになります。

画面の例では、PC(A)のDocuWorksリンクフォルダに「共有文書」フォルダーを設定します。

ネットワーク上のPC(B)で、その「共有文書」フォルダーを開き、そこにファイルを保存します。

DocuWorksリンクフォルダに設定した「共有文書」フォルダーを開くと、そこにPC(B)で保存したファイルが表示されています。

このように、リンクフォルダを活用することで、ネットワーク上の文書共有もDocuWorks上で行うことが可能となります。

リンクフォルダを作成してDocuWorks文書を共有できるように設定する

[図2]

(1) PCのデスクトップ上の共有したいファイルが含まれているフォルダーを右クリックし、[共有]を選択します。[図2-左]

(2) [ファイルの共有]ダイアログボックスが表示されます。[図2-右]

(3) 共有の設定を確認して〈共有〉をクリックします。指定したフォルダーが共有設定され、ネットワーク上で共有できるようになります。

  • 注記 フォルダーの共有設定については、OSにより異なります。設定方法の詳細はお使いのOSの「ヘルプとサポート」などを参照してください。
[図3]

(4) Deskを開きます。Deskメニューの[ファイル]→[新規リンクの接続]を選択します。[図3]

[図4]

(5) [フォルダプロパティ]ダイアログボックスが表示されます。(3)で設定したリンクしたいフォルダーを指定します。〈参照〉をクリックします。[図4]

[図5]

(6) [フォルダの参照]ダイアログボックスが表示されます。はじめに指定したフォルダーを選択し、〈OK〉をクリックします。[図5]

[図6]

(7) [フォルダプロパティ]ダイアログボックスで、フォルダーの色、ワークスペースの色などを変えると、ユーザーフォルダとひと目で区別できます。〈OK〉をクリックします。
リンクフォルダに指定した共有フォルダーが表示されます。[図6]

(8) Deskを開き、共有したい文書を、リンクフォルダ内の共有フォルダーに保存します。

[図7]

(9) リンクフォルダ内の共有フォルダーを開くと、保存したファイルが表示されています。[図7]

リンクフォルダを解除する

[図8]

(1) Deskメニューの[ファイル]→[リンクの解除]を選択します。
またはフォルダツリーから解除したいフォルダーを右クリックし、[リンクの解除]を選択します。

(2) [リンク接続の解除]ダイアログボックスが表示されます。[図8]

(3) 解除したいフォルダーを選択して〈OK〉をクリックします。

(4) フォルダーのリンクが解除されます。