1.6 ひな形文書ファイルを開いてDocuWorks文書を作成する(新規作成)

指定したフォルダー内のファイルをもとに、DocuWorks文書を自動作成できます。作成された文書には、元のファイルのコピーがオリジナルデータとして添付されます。申請書や注文書、報告書などのひな形ファイルから文書を作成する際に役立ちます。

お仕事バーに新規作成プラグインを登録する

[図1]

(1) あらかじめひな形文書となるファイルを任意のフォルダ(例:「e:¥各種帳票」)に格納しておきます。[図1]

[図2]

(2) 設定したいお仕事バーを開いておくか、新しいタブを追加します。[図2]
(例:新しいタブ「mywork」を追加)

[図3]

(3) Deskメニューの[ツール]→[ツールの設定]を選択します。[図3]

(4) [ツールバーの設定]ダイアログボックスの[コマンド]タブを開きます。

(5) [分類]から[ツール]を選択し、[コマンド]から[新規作成]を選択し、お仕事バーに直接ドラッグ&ドロップします。

[図4]

(6) [新規作成の設定]ダイアログボックスが表示されます。[図4]
〈参照〉をクリックします。

[図5]

(7) [フォルダーの参照]ダイアログボックスが表示されるので、(1)で保存したフォルダを選択し、〈OK〉をクリックします。[図5]

[図6]

(8) [新規作成の設定]ダイアログボックスに戻ります。[図6]
(1)で指定したフォルダが設定されているのを確認して、〈OK〉をクリックします。

[図7]

(9) [ツールバーの設定]ダイアログボックスの〈閉じる〉をクリックします。

(10) [お仕事バー]に[新規作成]ボタンが追加されました。[図7]

新規作成プラグインを利用する

[図8]

(1) 登録した[新規作成]ボタンをクリックします。

(2) [新規作成]ダイアログボックスが開きます。[図8]
ファイルを選択し、〈OK〉をクリックします。
(例では「国内出張申請書」を選択)

[図9]

(3) 指定したファイルが開きます。[図9]
必要事項を記入し、[上書き保存]でアプリケーションを終了します。

[図10]

(4) 自動的にDocuWorks形式への変換が始まり、しばらくすると、Desk上に新しくDocuWorks文書が作成されます。[図10]

作成されたDocuWorks文書は元のオリジナル文書も添付されているので、右クリックし[オリジナルデータ開く]から編集することができます。

Memo

  • 編集したファイルは、アプリケーションを終了する前に[上書き保存]をしてください。上書き保存をしない場合は、編集結果がDocuWorks文書に変換されません。
  • 新規作成プラグインを実行してファイルを編集しても、元のファイルの内容は変更されません。