2.6 お仕事スペースの文書を保管・整理する

お仕事スペースを片付ける

作業が終わった資料や、一時的にまとめておきたい資料は、ボタンひとつで一つのフォルダーにまとめて片付けておくことができます。

[図1]

(1) [お仕事スペース]ツールバーの中央にある[お仕事スペースを片付ける]ボタンをクリックします。[図1]

[図2]

(2) [お仕事スペースを片付ける]ダイアログが開くので、片付け時のフォルダー名を入力し、[OK]をクリックします。[図2]

[図3]

(3) 「お仕事スペース」の直下にサブフォルダーが作られ、この中にファイルが移動されます。[図3]

Memo

  • お仕事スペースのサブフォルダ.は同期されません。

元の場所を開く

お仕事スペースにあるDocuWorks文書は、ボタンひとつで元の保存先を直接呼びだすことができます。文書を編集後、元の保管場所に上書き保存するのに便利です。

[図4]

(1) [お仕事スペース]から元の保存先を確認したいDocuWorks文書を選択します。[図4]

(2) [お仕事スペース]ツールバーにある[元の場所を開く] をクリックします。

[図5]

(3) Windowsエクスプローラーから[お仕事スペース]へコピーした場合は、元のフォルダーが開きます。[図5]

[図6]

(4) それ以外の場合は、DocuWorks Deskが分割表示となり、上段に元のフォルダーが開きます。[図6]

Memo

  • 「元の場所を開く」は連携フォルダ(Working Folder/Cloud Connect/DocuShare)が元の場所の場合は利用できません。
  • 「元の場所を開く」はファイル名を変更すると利用することができません。