3.2 DeskでOCR処理を行う

DeskでOCR(文字認識)処理を実行する方法を説明します。

OCR(文字認識)処理は、DeskとViewerのどちらからでも行うことができます。OCR(文字認識)処理をしたDocuWorks文書でできることは次のとおりです。

OCR結果を編集する

Viewerのインフォビューの[OCR結果]タブに表示された文字列を選択して、コピー/切り取り/貼り付け/削除などの操作や、文字を入力するなどの編集作業を行うことができます。
編集結果は、表示メニューの[テキスト選択モード]でコピーするときや、文字を検索するときに利用できます。

文字列を検索する

DeskやViewerから文字列を検索することができます。

DeskでOCR(文字認識)処理を実行する

OCR処理を、スキャン読み取り後に自動的に行うように設定することができます。

[図1]

(1) DeskでOCR処理したいDocuWorks文書またはバインダーを選択し、Deskの[便利な機能]からOCRボタンをクリックします。[図1]

[図2]

(2) [OCR(文字認識)]ダイアログボックスが表示されます。
〈設定〉をクリックします。[図2-上]

(3) [OCR(文字認識)設定]ダイアログボックスが表示されます。
〈OCRの詳細設定〉をクリックします。[図2-下]

[図3]

(4) [OCRの詳細設定]ダイアログボックスが表示されます。
[全般]タブにある[領域を指定して認識する]にチェックマークを入れておくと、認識時にページ内で認識したい部分を都度選択できます。
必要項目を設定し〈OK〉を選択します。[図3]

(5) [OCR(文字認識)設定]ダイアログボックスに戻るので〈OK〉をクリックします。

[図4]

(6) [OCR(文字認識)]ダイアログボックスに戻ります。
〈開始〉を選択します。
[領域を指定して認識する]にチェックマークを入れている場合は、[領域を指定して認識]ダイアログボックスが引き続き表示されるので、設定後〈開始〉を選択します。[図4]

(7) 処理が終わると[状態]欄に「全ての処理を終了しました」と表示されます。OCR結果の確認方法については、次の3.3でご説明します。