4.4 複数の文書を検索する(Deskのインデックス検索)

Windows Searchを利用する高速な検索が利用できるようになりました。

通常検索とインデックス検索の違い

インデックス検索

Windows Searchを利用する、高速な検索です。DocuWorksファイルの属性は検索対象にできません。
インデックス検索を使用するには、Windows Search 4.0がインストールされている必要があります。Windows Vista以降では、標準でWindows Search 4.0がインストールされています。

通常検索

DocuWorks 7.xまでの検索と同じです。インデックス検索よりも検索時間がかかります。
DocuWorksファイルの文書属性を検索対象にできます。

インデックス検索で検索を実行する

[図1]

(1) ツールバーに検索ボックスが表示されていない場合は、Deskメニューの[編集]→[検索]を選択します。検索ボックスが表示されます。[図1]

(2) 検索ボックスに検索文字列を入力します。
検索ボックスの右側にあるボタンをクリックすると、検索した履歴から検索文字列を選択できます。履歴の件数は最大10件です。 複数の検索文字列を入力する場合は、AND検索またはOR検索ができます。

[図2]
AND検索をする場合

検索文字列を半角スペースで区切ります。[図2]
例えば「notepad」と「note」を両方含むファイルを検索する場合は、「notepad note」と入力します。

[図3]
OR検索をする場合

検索文字列を「OR」で区切ります。「OR」の前後には半角スペースを入れます。[図3]

例えば「notepad」または「note」の少なくともどちらかを含むファイルを検索する場合は、「notepad OR note」と入力します。

(3)〈検索アイコン〉をクリックするか、または〈Enter〉キーを押します。検索が実行されます。