MediaDEPO Author:回答

コンテンツの構成について

Q1:PDFファイルの原稿の向きとMediaDEPOAuthorに登録した同期資料の向きが異なってしまいます。対応方法を教えてください。

A:DocuWorks Printerの印刷設定の「原稿の向き」をご確認ください。
「原稿の向き」が「たて」の場合、PDFは縦向きで取り込まれます。
「原稿の向き」が「よこ」の場合、PDFは横向きで取り込まれます。
縦向きと横向きのページが混在するPDFファイルの場合、正しく取り込むことができません。この場合、DocuWorks文書に変換して、原稿の向きを修正したのち、DocuWorks文書として取り込んでください。

仕様について

Q1:音声自動読み上げで、ナレーション内に任意の間を空けることはできますか?

A:テキスト中の任意の位置に下記の書式を挿入することで可能です。
<{&Pau MSEC=x&}>
xは1~30000までのミリ秒単位で設定可能です。

Q2:MediaDEPO Authorで取り込むソースビデオの数に上限はありますか?

A:取り込めるソースビデオの上限は10になっております。作成可能なソースレイヤーの数の上限が10となっているためです。

Q3:どのような種類のデータファイルを扱えますか?

A:wmv(映像コーデック:Windows Media Video 9/音声コーデック:Windows Media Audio 9)および、MP4・MOV・3GP(映像コーデック:H.264 Main Profile/音声コーデック:AAC-LC)形式のビデオファイルが扱えます。また、ビデオファイルの他、文書ファイルも扱えます。

Q4:ビデオの編集はできますか?

A:MediaDEPO Authorには、ビジネスユースとして、不要シーンのカットやタイトルの追加編集など、コンテンツ修正の最低限の機能は有していますが、より高度な編集が必要な場合は、市販のビデオ編集ソフトと組み合わせてご利用されることをお勧めいたします。

Q5:ビデオの同期資料として扱えるファイルは何ですか?

A:Microsoft® PowerPoint®、DocuWorks、JPEG画像をビデオと同期させて表示することができます。

Q6:MediaDEPO 4.0Jの動作環境は?

A:MediaDEPO 4.0J の動作環境の詳細は「MediaDEPO 4.0J 動作環境」でご確認ください。

Q7:MediaDEPO 4.0Jの最新HTML5技術の採用とデザインと今後のシステム拡張性の変更点を教えてください。

A:MediaDEPO 4.0以前のバージョンからの変更点は「MediaDEPO 4.0J 主な変更点」でご確認ください。

Q8:1台のPCにインストールしたDEPO Authorを複数のユーザーで使用することはできますか?

A:使用することはできません。1台のPC上であるユーザーがDEPO Authorを起動している場合、別のユーザーはDEPO Authorを起動できません。

Q9:簡単キャプチャーツールで収録したコンテンツをDEPO Authorで開き、プロジェクトファイルを保存したあと、プロジェクトファイルをBatchStarterでDAFに変換しました。変換したDAFをMediaDEPOにアップロードし再生しましたが、画像が真っ黒になります。何が原因ですか?

A:簡単キャプチャーツールで収録したコンテンツをBatchStarterでDAFに変換しようとしたためです。簡単キャプチャーツールで収録したコンテンツはDEPO Atuhor上でDAFに書き出してください。

Q10:DEPO Authorで画面キャプチャー中にマイクのコードにぶつかったところ、動作が停止してダイアログが表示されました。

A:収録中に録音用マイクが抜けた場合、動作が停止します。マイクが抜けいていないか確認してください。
マイクが抜けてしまった場合はマイクが抜ける直前までの収録を保存できます。保存する場合はファイル保存ダイアログが表示されたら必要な情報を入力して保存してください。

Q11:MediaDEPO Authorでスライドにノートが含まれるPowerPointを取り込んでも、ノートが取り込めず、空になります。何が原因ですか?

A:PowerPointファイル内部におけるスライドのノートが格納されている領域が通常とは異なるため、MediaDEPO Authorで取り込んだときにノートの情報を取得できなかった可能性があります。以下の手順をお試しください。

  1. PowerPointを使って当該ファイル(.pptx)をOpenDocumentプレゼンテーション(.odp)形式に変換して保存する
  2. 変換したファイル(.odp)を再度PowerPointで開き、PowerPointプレゼンテーション(.pptx)形式として保存する
  3. 手順2で保存したファイルをMediaDEPO Authorに取り込む

Googleスライドを使ってエクスポートしたPowerPointプレゼンテーション形式のファイルの場合にノートが取り込めない事象が発生することを確認しております。

 

Q12:ビデオの長さの上限はどれくらいですか?

A:サポートしているビデオの長さの上限は3時間です。

パッケージについて

MediaDEPO Authorを複数のPCにインストールしたいのですが。

A:MediaDEPO Authorは、1台のPCにつき1ライセンスが必要になります。複数のPCにインストールをご希望の場合は、使用台数分のライセンスをご購入ください。

マニュアルについて

MediaDEPO Author 4.1Jのマニュアルについて

次のマニュアルに誤りがありました。ここに訂正し、お詫び申し上げます。
MediaDEPO Author 4.1J ユーザーズガイド 2016年2月 第1版発行(帳票No. ME6899J1-2)

該当ページと行数
16ページ
10行目
PowerPointで、正常にWebページ
として保存できたPowerPoint
ファイルだけが取り込めます。
削除
16ページ
20行目、22行目
DocuWorks文書ファイル(拡張子「.xwd」) DocuWorks文書ファイル(拡張子「.xdw」)
119ページ 表
標準のビデオビットレート
452kbps 512kbps
119ページ 表
標準のビデオのサイズ
704x396 512x288
119ページ 表
高品質のビデオビットレート
800kbps 1152kbps
119ページ 表
高品質のビデオのサイズ
1280x720 768x432

MediaDEPO Author 4.2のマニュアルについて

次のマニュアルに誤りがありました。ここに訂正し、お詫び申し上げます。
MediaDEPO Author ユーザーズガイド 2018年9月 第1版発行(帳票No. ME6899J1-3)

該当ページと行数
15ページ
34行目、36行目
DocuWorks文書ファイル(拡張子「.xwd」) DocuWorks文書ファイル(拡張子「.xdw」)
124ページ 表
標準のビデオビットレート
452kbps 512kbps
124ページ 表
標準のビデオのサイズ
704x396 512x288
124ページ 表
高品質のビデオビットレート
800kbps 1152kbps
124ページ 表
高品質のビデオのサイズ
1280x720 768x432