異なるバージョンで作成したDocuWorks文書の互換性について

登録日: 2017年3月31日
最終更新日: 2018年7月30日
コンテンツID: 103_126

回答

【対象環境】DocuWorks 7

概要

バージョン間のDocuWorks文書の互換について解説します。

対処方法

DocuWorksでは、基本的にDocuWorks文書のバージョンより低いDocuWorksではその文書を閲覧・編集することができません。
(例)DocuWorks Ver.8文書は、DocuWorks 8以降のバージョンで閲覧・編集が可能ですが、DocuWorks 7以下では閲覧・編集ができません。

DocuWorksの特定の機能を利用すると文書バージョンがアップデートされる場合があります。各バージョンのDocuWorksでどのような機能を利用すると文書バージョンがどのように変更されるかの関係が以下の表になります。

  • 注記 各機能の使い方に関してはDocuWorksのヘルプをご参照ください。

なお、以下の表にない操作によっては、Ver.5, Ver.6バージョンの文書が作成されることもございますが、現行のサポートバージョンであるDocuWorks 7以降では全て閲覧可能です。

DocuWorks文書のバージョンは、DocuWorks DeskにおいてDocuWorks文書を選択した際のDesk下部の表示、または、DocuWorks文書のプロパティ画面の「種類」から確認可能です。

DocuWorks 6以前のバージョンでDocuWorks文書を生成した場合はこちらを参照してください

DocuWorks 7でDocuWorks文書を生成した場合はこちらを参照してください

DocuWorks 8でDocuWorks文書を生成した場合はこちらを参照してください

DocuWorks 9でDocuWorks文書を生成した場合はこちらを参照してください

DocuWorks 6以前のバージョンで生成

文書バージョン 閲覧および編集を行うDocuWorksのバージョン
DocuWorks 6 DocuWorks 7 DocuWorks 8 DocuWorks 9
Ver.4

DocuWorks 7で生成

生成方法、生成文書 文書バージョン 閲覧および編集を行うDocuWorksのバージョン
DocuWorks 6 DocuWorks 7 DocuWorks 8 DocuWorks 9
文字をUnicodeとして保存していない文書 Ver.4
文字をUnicodeとして保存した文書 Ver.7 注2 注5
A2以上の大判ページを含む文書 Ver.7 ×
1ページのデータサイズが250MB以上の文書 Ver.7 ×
ファイルサイズが1GB以上の文書 Ver.4 注3

DocuWorks 8で生成

生成方法、生成文書 文書バージョン 閲覧および編集を行うDocuWorksのバージョン
DocuWorks 6 DocuWorks 7 DocuWorks 8 DocuWorks 9
文字をUnicodeとして保存していない文書 Ver.4
文字をUnicodeとして保存した文書、
テキストアノテーションや日付アノテーションを付与した文書
Ver.7 注2 注5
A2以上の大判ページを含む文書 Ver.7 ×
1ページのデータサイズが250MB以上の文書 Ver.7 ×
ファイルサイズが1GB以上の文書 Ver.7 ×
256bit暗号化パスワードセキュリティを利用した文書 Ver.8 × ×
DocuWorks入れ物ファイル Ver.8 × ×

DocuWorks 9で生成

生成方法、生成文書 文書バージョン 閲覧および編集を行うDocuWorksのバージョン
DocuWorks 6 DocuWorks 7 DocuWorks 8 DocuWorks 9
DocuWorks 9で生成した文書 注1 Ver.7 注2 注5
ファイルサイズが1GB以上の文書 Ver.7 ×
256bit暗号化パスワードセキュリティを利用した文書 Ver.8 × ×
DocuWorks入れ物ファイル Ver.8 × ×
フォントを埋め込んだ文書注6 Ver.7 × 注4 注4
  • 注1 DocuWorks 9では、必ずUnicodeで保存されます。
  • 注2 DocuWorks 7以降の「文字コード変換」プラグインを利用して、内部の文字列をマルチバイトに変換することで、閲覧、および編集することができるようになります。
  • 注3 閲覧は可能ですが編集することがでません。
  • 注4 閲覧・編集は可能ですが、埋め込んだフォントが利用されないためフォントの再現性がDocuWorks 9と比べて低下します。
  • 注5 DocuWorks Printerのプロパティ(詳細設定)にて「DocuWorks 6.x以前と互換性のある文書を作成する(Ver.4文書)」をチェックしてDocuWorks Printerに印刷することで、DocuWorks 6以前のバージョンで閲覧できる文書(Ver.4文書)になります。
  • 注6 DocuWorks文書にフォントを埋め込む方法は、DocuWorks文書でサポートしているフォントについてを御覧ください。

その他の注意事項

  • コンテキストサーバーによるセキュリティで保護された文書を閲覧するためには、DocuWorks 6.2以上が必要です。
  • 対応していないDocuWorksバージョンをお使いの場合でも、無償のDocuWorks Viewer Light の最新版をインストールすることで、閲覧は可能です。
  • 新バージョンでのみ対応しているアノテーションについては、編集できないか、編集した場合、インストールされているバージョンの機能に相当する表示になります。