OLEアノテーションの機能で挿入したMicrosoft® WordやMicrosoft® Excelなどのファイルは、DocuWorks Viewer上で編集ができますが、DocuWorks Viewer LightやDocuWorks Viewer Light for Webで表示した場合も編集ができるでしょうか?

回答

【対象環境】DocuWorks 

無償配布されているDocuWorks Viewer LightおよびDocuWorks Viewer Light for WebはOLEに対応していません。
OLEアノテーションの機能で挿入されたアプリケーションのファイルは、表示されていても編集はできません。
1) <OLEとは>
Object Linking and Embeddingの略です。複数のWindows® アプリケーションの間で情報をやり取りしたり、共有したりする機能を提供しています。DocuWorksは、OLEサーバー機能とOLEクライアント(コンテナ)機能に対応しています。

● OLEサーバー
ほかのアプリケーションデータ内に、DocuWorks文書およびバインダーをOLEオブジェクトとして挿入して利用できます。
● OLEクライアント
ほかのアプリケーションで作成したグラフ、図、ビデオ、音声などのOLEオブジェクトを、DocuWorks文書のページにOLEアノテーションとして貼り付けることができます。