2048ビットの鍵長の証明書を用いた署名を検証すると検証結果が「無効」になります。

回答

【対象環境】DocuWorks

2048ビットの鍵長の証明書(証明書のプロパティで公開キーが「RSA (2048 Bits)」などと表示されます)を用いて署名したDocuWorksファイルを開き、該当する署名を検証する際、Windows® 7またはWindows® 8上では検証動作がエラーとなり、検証結果が「無効」と表示される場合があります。