DocuWorks をタッチスクリーンで使う場合の固有な操作について教えてください。

2016年10月3日

回答

【対象環境】 DocuWorks 8 (バージョン 8.0.7)

DocuWorks(バージョン 8.0.7)/ DocuWorks Viewer Light(バージョン 8.0.7)で改善を実施したタッチスクリーンでの固有な操作について、使い方や注意すべき点を解説します。

DocuWorks Desk

サムネール表示時のワークスペース部では、次の操作ができます。

  • 二本指でドラッグすると、スクロールできます。
  • 文書を一本指でドラッグすると、選択または移動できます。
  • 文書を二本指でタップすると、サムネールが拡大表示されます。さらに、拡大表示されているサムネールをフリックすると、ページをめくることができます。画面をタップすると、サムネールの拡大表示は終了します。

おすすめの使い方:

  • リスト表示時のワークスペース部とフォルダー部の表示間隔を広くすると、指で選択しやすくなります。表示間隔を広く設定するには、[環境設定]ダイアログボックスの[DocuWorks Deskの設定]にある[表示]で、[フォルダツリーとリスト表示(ワークスペース)の高さを広げる]にチェックマークを付けます。

DocuWorks Viewer

DocuWorks文書で、ページを表示しているときに次の操作ができます。

  • 二本指でピンチアウトして拡大し、ピンチインして縮小できます。
  • 二本指でドラッグすると、ページをスクロールできます。
    (ただし、[ページビューワー]と[フルスクリーン表示]の場合を除きます)
  • アノテーションをピンチアウトして拡大し、ピンチインして縮小できます。

おすすめの使い方:

  • [表示]メニューの[表示形式]から[連続ページ表示で見る]を選択すると、ページが縦にスクロールされ、操作しやすくなります。次回から連続ページ表示の状態で起動するには、[環境設定]ダイアログボックスの[DocuWorks Viewerの設定]にある[起動時]で、[表示形式]に[連続ページ表示]を設定しておきます。
  • ツールバーのボタンを大きいアイコンにすると、指で選択しやすくなります。ツールバーのボタンを大きくするには、[表示]メニューの[ツールバー]から[標準ツールバーの設定]を選択すると表示される[ツールバーの設定]ダイアログボックスの[オプション]タブで、[大きいアイコン]にチェックマークを付けます。

DocuWorks Viewer Control / DocuWorks Viewer Light / DocuWorks Viewer Light Control

DocuWorks文書で、ページを表示しているときに次の操作ができます。

  • 二本指でピンチアウトして拡大し、ピンチインして縮小できます。
  • 二本指でドラッグすると、ページをスクロールできます。

Windows® 7 における注意制限事項

Deskで文書を選択し、サムネール表示時のワークスペースにフォーカスしている状態でプレビュー表示をピンチイン/ピンチアウトすると、正しく拡大/縮小することができません。
Viewerの[一覧-文書表示]で、フォーカスしている画面と異なる画面をピンチイン/ピンチアウトすると、正しく拡大/縮小することができません。

Windows® 8.1 / Windows® 10 における注意制限事項

Internet Explorer® で[保護モード]を有効に設定してDocuWorks文書を開くと、ピンチイン/ピンチアウトしても拡大/縮小することができません。