社長挨拶

価値あるコミュニケーションを通じた お客様や地域社会への貢献

富士ゼロックス静岡は、さまざまな商品やサービスを通じて、より良いコミュニケーション環境をご提供することで、お客様の価値創造を支援してまいりました。
今から50年前、複写機がオフィスに情報革命をもたらしました。
次代のニーズに対応して、カラー化・デジタル化・ネットワーク化により、 “複写機”は“複合機”に進化しました。
現在は、様々な形式で利用されるドキュメントを統合・連携させ、より適切で、より価値あるコミュニケーションを実現するために、“複写機”から“複合機”への進化をさらに深化させた、付加価値の高いドキュメントサービス&コミュニケーションをご提供しております。

昨今、かつてない規模で私たちを取り巻く市場環境は変化しています。ビジネスの多様化と、グローバル化は加速しています。日々激化する競争の中で、業務プロセスを一層効率化させることで、より迅速な意思決定が求められています。
ICT(Information and Communication Technology)の発展により、インターネットにつながるIoT(Internet of Thing)デバイスは3年間で2倍に増えました。スマートフォンの情報処理能力は7年間で50倍になりました。ICT環境の劇的な変化が、企業活動に大きな影響を与えています。
メディアが多様化し、流通する情報の量と種類が膨大になる中で、ICTを活かした新たなコミュニケーション環境の構築が、これまで以上に重要となっています。

お客様個々の課題解決や、地域創生を促進する、より良いコミュニティ形成のため、『価値あるコミュニケーション』の提案を継続することが私たちの役割であり、私たちの使命です。

ゼロックスが長年にわたり培ってきたコミュニケーション全般における技術やノウハウをもとに、必要な情報を最適な形に変換して、迅速に配布・共有できる環境構築に貢献します。
ビジネスのあらゆる場面における、お客様の課題解決と増力化を実現します。
そして、個々の企業の枠組みを越えた、地域コミュニティの活性化にも貢献してまいります。

富士ゼロックス静岡は、強みとするドキュメントサービス&コミュニケーション領域を中核とした、今まで以上の新しい価値とサービスの提供を通じ、お客様・社員・地域社会が共に繁栄できる会社創りを目指します。

代表取締役社長 伊藤 彰一郎