多様性への取り組み

当社を含む、富士ゼロックスおよび関連会社の活動範囲はグローバルに広がっています。お客様や市場は多岐にわたり、一緒に働く仲間も多様です。この「私たちらしさ」を活かして大きな力にするためにも、多様性の尊重は欠かせません。相互に積極的に学び、刺激していきます。そしてそれぞれの価値をさらに高めることをお手伝いして、豊かな社会づくりに貢献したいと思います。

富士ゼロックス東京株式会社 女性活躍推進法に基づく行動計画及び情報公開

女性が能力発揮・キャリア形成できるよう、次のように行動計画を策定する。

1.計画期間

平成28年4月1日〜平成32年3月31日の4年間

2.当社の課題

  • 入社する社員の男女差は、7〜8年前からすでに無くなっている。ただし過去のエンジニア職は概ね男性であったため、現在女性の従業員比率は今だ19%であり、さらなる推進が必要である。
  • 前述のことから、勤続年数の長い社員に男性が多く、男女差を縮める取組みをすすめ、女性管理職の増加をはかる必要がある。
  • 出産後は、ほぼ100%の女性が復職しており、復職後のさらなるキャリアップに向けた役割設計をすすめていく。

3.目標

女性管理職比率 15%以上

4.取組内容

(1)働き方の多様性を高める活動

  • 在宅勤務制度のトライアル導入
  • 育児休職者支援強化
    • 復職者全員の面談を実施(育児休職)
    • 復職時研修の継続実施(通称:Mama Xero)
  • 短縮勤務者が活躍できる役割・組織再設計

(2)女性登用促進に関する活動

  • 積極的な登用に関する施策の検討開始
  • プレマネジメント研修による女性リーダー育成

(3)組織風土改革への取り組み

  • ダイバーシティ推進委員会活動の継続(社員による経営への提言活動)
  • マネジメント教育の実施
    • 新任マネジメント研修へダイバーシティに関するプログラムを追加
    • 既任マネージャーへの啓発を富士ゼロックスの方針を受けて導入予定

女性の活躍の現状に関する情報公表

平成28年2月現在

  1. 管理職に占める女性労働者の割合:5.2%(2015年2月)
  2. 採用した労働者に占める女性労働者の割合:38.4%(2014年/正社員)
  3. 男女の平均継続勤務年数の差異:9.5年(男性17.8年、女性8.3年)(2014年度)
  4. 労働者の一月当たりの平均残業時間:17.2時間(2014年度)
  5. 有給休暇取得率:53.2%(2014年度)
  • 注記 対象従業員区分 正社員のみ

関連情報