エンジニアの移動手段をバイクから電動アシスト自転車へ CO2排出量を4年間で約335トン削減 お客様への到着時間も短縮

ここから本文

エンジニアの移動手段をバイクから電動アシスト自転車へ
CO2排出量を4年間で約335トンの削減
お客様への到着時間も短縮

2010年1月13日

 富士ゼロックス東京株式会社(本社:東京都新宿区西新宿6-14-1、代表取締役社長:池田 裕一、資本金:1億2千万円)はデジタル複合機、プリンター等の保守・管理のためにエンジニアが移動する手段として、2006年4月から電動アシスト自転車を順次導入し2009年末までにCO2排出量をのべ約335トン(東京ドーム約130杯分相当)削減*1いたしました。また修理等の依頼を受けてからお客様に到着するまでの時間も平均10分前後短縮されました。*1ガソリン1リットルでCO2が約2,320g発生すると計算(省エネルギーセンターホームページを参照)。

 当社は2006年6月の道路交通法改正にともない路上のバイク駐車が違法となる恐れがあるためコンプライアンスの遵守、さらに環境への配慮、生産性向上、健康増進という観点から、23区内の千代田区、港区、新宿区など中心部において直径2km以内のお客様を担当するエンジニアの移動手段を同年4月からバイクから電動アシスト自転車への切り替えを始めました。そして同年9月に本格展開し約450台、現在は約550台へと拡大しております。

 この結果当社が使用しているバイクの数は約350台減少して約240台となり、1ヶ月のガソリン使用量は2006年4月の1/3相当の約1,800リットルに減少し、2009年末までにのべ約335トン相当のCO2排出を削減しました。また、バイクよりも小回りが利くため、依頼を受けてからお客様に到着するまでの時間も平均10分前後短縮されました。

 当社は今後も電動アシスト自転車を活用し、CO2削減とお客様サービス向上に努力してまいります。
 
電気自転車
電気自転車
当社が活用している電動アシスト自転車
 

【会社概要】
(1) 商号等: 富士ゼロックス東京株式会社
(2) 創業: 1981年3月20日
(3) 本社所在地: 東京都新宿区西新宿6-14-1新宿グリーンタワービル
(4) 代表者: 代表取締役社長 池田 裕一
(5) 資本金: 1億2千万円
(6) 株主: 富士ゼロックス株式会社(100%)
(7) 事業内容: 複写機・コンピュータ・プリンタ・ファクシミリなど各種情報機器の販売およびシステムサービスの提供

◆本件に関するお問い合わせは、当社ドキュメントサービスアンドサポート計画部まで
電話(代表): 03-5908-3911 (土・日・祝日を除く、9:00~17:30)
※上記の窓口ではお問い合わせやご依頼の内容を正確に把握するため、また後に対応状況を確認するため、通話を録音させていただく場合がございます。あらかじめご了承ください。