Smart Work Seminar 2018

開催のご案内

拝啓 初夏の候、貴社ますますご盛栄のこととお慶び申し上げます。平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。

 ビジネス環境が大きな変革の局面を迎えている昨今、人間にしか実現できない“知的生産性の向上”や、
“活力ある組織の価値創造発揮”といった人間中心のマネジメントが改めて注目されており、コミュニケーションの重要性が、
これまで以上に高まりを見せています。

 弊社では、これまで培ってきたドキュメント・コミュニケーション技術を基盤とし、“価値創造中心の働き方”の実現を目指す
『Smart Work Innovation』を提唱いたしました。
 本セミナーでは、企業におけるコミュニケーション革新の実現に向けた、ソリューション&サービスをご紹介させていただきます。

時節柄お忙しい折とは存じますが、是非ともご来場賜りますようお願い申し上げます。

敬具

 

 

Smart Work Seminar 2018

無料セミナー 【事前申込制】

■7月26日(木)

セミナールーム【A】会場
【A-01】
『ビジネスの競争力を高めるSmart Work Innovation』(60分)

昨今、経営環境が大きく変化している中、多様な働き方の実現・長時間労働の是正、といった働き方改革への関心が高まっていますが、企業の持続的成長には、人間中心のより良いコミュニケーションと創造性の発揮が必要です。 本講演では、従来の働き方改革を超える「Smart Work Innovation」について、弊社の実践事例、および、その経験と独自技術によりご提供できることを、具体例を交えてご紹介いたします。

【講師】
富士ゼロックス株式会社
SWI ソリューション&サービス営業部
部長 菊池 史朗
10:30~11:30
[受付開始 10:15]
【A-02】
『大和ハウス工業における RPA 導入の実際と今後の方向性について』(60分)

大和ハウス工業では、好調に拡大する事業規模や積極的なM&A、グローバル展開を背景に、事務管理部門の効率化が喫緊の課題となっています。そのような中同社では、2016年末からサーバ型 RPAを導入し、人事・経理などのバックオフィス業務を中心に自動化を図ってきました。今回の講演では、大和ハウスでの RPA導 入の実際の取り組みとその効果、RPAの強みや弱み、今後の方向性についてお話しいたします。

【講師】
大和ハウス工業株式会社 経営管理本部 J-SOX 推進室
室長 松山 竜蔵 氏

【プロフィール】
1988年大和ハウス工業入社。以来、本社・事業所の経理担当者・責任者を歴任。2010年から本社でSAP ERPによる会計基盤システム導入プロジェクトのプロジェクトリーダーを務め、当初予算・納期通りにシステムリリースを果たす。現在、同社J-SOX推進室室長。大和ハウスグループの会計内部統制を統括するとともに、会計プロセスの標準化に取り組んでいる。2016年末にRPAを導入するためのWG「RPA研究会」を立ち上げ、同社グループ全体にRPAを展開する活動も牽引している。
12:30~13:30
[受付開始 12:15]
【A-03】
『デジタルレイバーを活用したビジネスモデルの進化』(60分)

第四次産業革命で注目を集める RPA。現在、様々な業種の企業にて導入が進んでおり市場は活気づいています。その効果を十二分に実感していただくためには、各企業様による「成功とは何か」というゴールの設定が非常に重要になってきます。本セッションでは、RPAの国内実績No1の当社より、RPA活用の成功に欠かせないポイントを富士ゼロックスでの販売事例、商品連携例と今後の展望も交えてご紹介します。

【講師】
RPA テクノロジーズ株式会社
代表取締役社長 大角 暢之 氏

【プロフィール】
一般社団法人日本RPA協会 代表理事。
早稲田大学を卒業後、アンダーセンコンサルティング株式会社(現アクセンチュア株式会社)に入社。2000年オープンアソシエイツ株式会社を設立し取締役に就任、ビズロボ事業部を発足し、「BizRobo!」の提供を開始。2013年ビズロボジャパン株式会社(現RPAテクノロジーズ株式会社)を設立し代表取締役社長に就任。
14:30~15:30
[受付開始 14:15]
【A-04】
『AWS ではじめる社内システムのクラウド化とそのポイント』(60分)

既存の社内IT環境をクラウドに移行する流れは、国内のお客様においても採用が増えてきており、いまや特殊な選択肢ではなくなってきました。本セッションでは、AWSの特徴や最新情報を中心に、AWSを活用して社内ITシステムを稼働させることのメリットや国内でAWSを活用されているお客様の事例などをご紹介し、皆様にお役立ていただける情報をお届けいたします。

【講師】
アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社
パートナーアライアンス本部 テクノロジーパートナー部 ストラテジック アライアンス マネージャー
川内 潤也 氏

【プロフィール】
外資系ソフトウェアベンダーにてSIerやISVパートナーとのアライアンスビジネスを中心に経験を積み、現在はAWSのパートナーアライアンス本部で国内外のソフトウェアベンダーやSaaS事業社のパートナービジネス推進を担当。
16:30~17:30
[受付開始 16:15]
セミナールーム【B】会場
【B-01】

『「世界はアイデアで動いている」~オペレーション中心の経済からイノベーション中心の経済へ ~』(60分)

一般的に労働生産性の定義は、『単位時間当たりのアウトプット』であることが知られています。分母を小さくし、分子を大きくすることで高い生産性が達成されるのです。この生産性指標(時間を短縮する)は、モノづくり主流の時代には日本経済を押し上げましたが、コトづくり(ビジネスアイデアの実現)の時代に入って、急速に通用しなくなっています。知的労働を行う私たちにとって、分子を大きくするキーは、一人ひとりがアイデアを出し、そのアイデアをつなぎ、膨らますことです。グローバル事例を中心にアイデアエコノミーの経営を考えます。

【講師】
富士ゼロックス株式会社 価値創造コンサルティング部
部長 仙石 太郎

【プロフィール】
1988年富士ゼロックス入社。名古屋支店にて地域顧客、新規開拓、システムセールスに従事。
2000年よりKDI(Knowledge Dynamics Initiative)の立上げに参画し、知識経営のコンサルティング・サービスの開発・展開に従事。マネージャー、パートナーコンサルタントを務めた後に、2016年より現職。

9:30~10:30
[受付開始 9:15]
【B-02】
『「当社の考える安全文化を創る取組について」~ ArcSuite ホスティングで協力会社への情報活用促進と安全成績向上に寄与~』(60分)

当社は、プラントおよび周辺設備の設計製作、建設、補修、解体工事までライフサイクル全てを行なう会社です。
工事作業は、人の手により安全かつ効率的な運営が求められ、そのために災害発生を防ぐことが求められます。
当社では2005年より安全文化を創る活動を展開しておりますが、さらなる災害防止のために過去災害情報を社員ならびに協力会社にもArcSuiteホスティングサービス上で共有化して類似災害発生の防止と工事の信頼性向上に取り組みました。
本講演では、当社の安全活動全体、ならびに本システムにおける実施内容とその活用状況、評価を実例に沿ってご説明いたします。

【講師】
JFE プラントエンジ 株式会社 安全衛生部
主任部員(部長) 谷口 哲男 氏

【プロフィール】
1975年日本鋼管(NKK)入社 現JFEスチール(JFES)
保全、設備診断等の設備技術に従事され、日本鋼管、米国ナショナルスチール社(現USスチール)、JFEメカニカル(現JFEプラントエンジ)において、自動化技術開発室長、工場管理室長、機械加工室長、安全衛生部長を歴任、現在はJFEプラントエンジ安全衛生部主任部員(スタッフ)として安全文化の確立を担当。
13:30~14:30
[受付開始 13:15]
【B-03】
『科学合理性を追求したデジタルデータとナレッジ活用』(60分)

デジタルデータを活用するためには、その理解度向上のための分析・整理が重要です。
製品にまつわる固有技術を、さらに基礎的なサイエンスにまで掘り下げた分析・整理をすることで、有効なナレッジとなり、生産管理や品質管理との連携・活用ができるようになります。経営インパクトに直結した取り組みのご紹介と共にデータとナレッジの有効活用についてご説明いたします。

【講師】
あおい生産システム研究所 代表
コンサルタント 渡部 信幸 氏

【プロフィール】
1973年富士写真フイルム株式会社入社
2004年執行役員R&D統括本部 機器開発生産本部長 兼 同本部モノ作り技術センター長
2006年富士ゼロックス株式会社 常務執行役員 モノ作り技術本部長
2017年あおい生産システム研究所設立
15:30~16:30
[受付開始 15:15]
追加公演
【B-07】


【A-03】と同内容
『デジタルレイバーを活用したビジネスモデルの進化』(60分)

第四次産業革命で注目を集める RPA。現在、様々な業種の企業にて導入が進んでおり市場は活気づいています。その効果を十二分に実感していただくためには、各企業様による「成功とは何か」というゴールの設定が非常に重要になってきます。本セッションでは、RPAの国内実績No1の当社より、RPA活用の成功に欠かせないポイントを富士ゼロックスでの販売事例、商品連携例と今後の展望も交えてご紹介します。

【講師】
RPA テクノロジーズ株式会社
代表取締役社長 大角 暢之 氏

【プロフィール】
一般社団法人日本RPA協会 代表理事。
早稲田大学を卒業後、アンダーセンコンサルティング株式会社(現アクセンチュア株式会社)に入社。2000年オープンアソシエイツ株式会社を設立し取締役に就任、ビズロボ事業部を発足し、「BizRobo!」の提供を開始。2013年ビズロボジャパン株式会社(現RPAテクノロジーズ株式会社)を設立し代表取締役社長に就任。
11:30~12:30
[受付開始 11:15]

■7月27日(金)

セミナールーム【A】会場
【A-05】
『社員の満足度だけじゃない、「業務効率」の大幅改善を実現する働き方とは?
 ~マイクロソフト社内で実践したAIを活用した働き方改革の推進~』(60分)


経営課題で重視するポイントとして、働き方改革が昨今注目を浴びていますが、本セミナーでは日本マイクロソフトで実践した働き方改革についてご紹介いたします。
社員の自発的な働き方改善をAIがサポートすることにより、社内実践結果として無駄な会議時間が27%減り、作業に集中できる時間が50%増加できた事例のほか、「会話」をベースに部門横断的プロジェクトを実践しチームの仕事を効率化した実践例やいつでもどこでも会議が実施でき、その場で意思決定可能となった、人を中心としICTを活用した社員が活躍するための働き方について、ご紹介いたします。

【講師】
日本マイクロソフト株式会社 マイクロソフトテクノロジーセンター
エグゼクティブアドバイザー 小柳津 篤 氏
10:30~11:30
[受付開始 10:15]
【A-06】
『Smart Work の実現! 富士フイルムグループの業務効率化、業務品質向上実践事例』(60分)

Smart Workを実現するために、富士フイルムグループ企業においても業務遂行における課題がありました。特に、定型・大量に発生する業務において、あるべき業務プロセスデザインを実施し、その実現のために複合機利用のスキャン、OCRによるデジタル化とRPAによるシステム間連携などの技術を駆使して取り組みました。
これら、効率化に結びつけるとともに業務品質の向上にも成果をもたらした事例をご紹介します。また、この取り組みの進め方と獲得したノウハウ、課題と対応策もご紹介し、お客様のSmart Work化取り組みへの一助になる内容をご紹介いたします。

【講師】
富士ゼロックス株式会社 スマートワークイノベーション事業本部 SWI ソリューション統括 SWI 推進部
部長 近藤 成一

【プロフィール】
SE・SE-Mgr.・ソリューション営業Mgr.として、一貫してお客様の業務課題達成ソリューション提案/設計/運用設計/プロジェクトマネジメントに従事。
2018年度より新たな価値創造をお客様とともに実践するSWI推進部にて、「Smart Work Innovation」に取り組み中。
12:30~13:30
[受付開始 12:15]
【A-07】
『サイバーセキュリティ最新動向 -ランサムウエアに続く脅威とは? 狙われる経営者・IoT 機器・仮想通貨』(60分)

2017年に猛威を振るったランサムウエアに続いて、新しい脅威が台頭しています。経営者を標的にしたビジネスメール詐欺、IoT機器や仮想通貨を狙った攻撃などです。
2020年東京五輪を控えて激しさを増してくるサイバー攻撃の最新動向をご紹介します。

【講師】
日経BP 社 日経BP 総研 イノベーションICT ラボ
上席研究員 井出 一仁 氏

【プロフィール】
通信・インターネット分野の専門誌の編集長、ネットマーケティング分野のメディア開発プロデューサーなどを経て現職。セキュリティ・リスク管理・FinTech・財務会計・電子行政・法制度対応などの分野を担当。
14:30~15:30
[受付開始 14:15]
【A-08】
『事務センター業務のRPA活用及び全社ペーパレス化の推進による生産性向上』(60分)

保険代理店(乗合代理店)業界の外部環境の大きな変化として、2015年に保険業法改正により、お客様への説明責任を担保する仕組みとルールの確立が必要になりました。そのような規制対応を踏まえつつ、各店舗の業務効率化を実施していく事で現場の競争力を維持・強化しなければなりません。保険見直し本舗様では、基幹システムの強化に加え、全社的なペーパレス化を推進するのと同時に、各店舗の営業業務作業を本社の事務センター業務に集約し、さらにRPAによる労働力を確保する仕組みを早期に取り込む事で、大幅な生産性向上を実現しています。その事例についてご紹介させて頂きます。 ※当日は、プロジェクトを推進された株式会社保険見直し本舗 営業事務部 部長  殿村 佳誠 氏にもご登壇いただく予定です。

【講師】
富士ゼロックス株式会社 SWIS&S営業部 ISS営業部
閑野 智彦
16:30~17:30
[受付開始 16:15]
セミナールーム【B】会場
【B-04】
『DocuWorks9 がもたらす、さまざまな価値のご紹介!』(60分)

机・紙・ふで箱などの環境をPCに持ち込んだDocuWorks。

DocuWorksとは?

新機能のご紹介と共に、スマートな働き方に繋がるいろいろな活用シーンをご紹介いたします。
さらに最新バージョンにて操作・作業を定型化し、業務の平準化・標準化に貢献する活用方法もご紹介いたします。

【講師】
富士ゼロックス株式会社 中央営業事業部 BT 第1営業部 IT基盤営業G DWチーム
チーム長 大田 英司

【プロフィール】
1998年よりDocuWorksをベースにした、お客様のドキュメントにかかる作業の改善提案を数多く手がけ、現在では超大手のお客様に、働き方改革をキーワードにDocuWorksのもたらす価値を提案し続けている。
9:30~10:30
[受付開始 9:15]
【B-05】
『働き方改革ってなんだろう? ~サイボウズの社内事例から見る営業の多様な働き方~』(60分)

離職率28%から4%に至るまで試行錯誤を繰り返してきたサイボウズですが、その中で気づいた理想的なチームワークとその実現に不可欠な3つの要素をお伝えします。
営業部門では働き方改革はハードルが高いと思われがちですが、今回は、実際にサイボウズが営業部門にて働き方改革を実施した事例をご紹介します。
営業手法を個ではなくチームで運営することによって得られるメリットや、実際にサイボウズが使っているツールの使い方を合わせてご紹介します。

【講師】
サイボウズ株式会社 営業本部 パートナー第3営業部
部長 雲岡 純司 氏
11:30~12:30
[受付開始 11:15]
【B-06】
『変化する時代のサイバーセキュリティとリスクマネジメント』(60分)

AIやクラウドなど、ICTの技術革新により私たちの仕事や日常生活は大変革時代を迎えています。新しい世界を、より快適で便利なものにするためにセキュリティは重要です。サイバー攻撃はさらに高度化すると思われ、それに対抗するセキュリティ技術も日々進化していますが、いつの時代も技術を上手に使いこなし、経験と工夫により新たな脅威を克服するリスクマネジメントは欠かすことのできない人の知恵です。
本講演では、新たな時代におけるセキュリティはどうあるべきか、特に組織のリスクマネジメントに焦点をあて、お話したいと思います。

【講師】
情報セキュリティ大学院大学
客員教授 藤本 正代 氏

【プロフィール】
情報セキュリティ大学院大学客員教授、GLOCOM客員研究員。マサチューセッツ工科大学(MIT)科学技術政策大学院修士課程終了、東京工業大学大学院社会理工学研究科経営工学専攻修了。工学博士。内閣サイバーセキュリティ戦略本部普及啓発・人材育成専門調査会委員、総務省情報通信審議会専門委員等を歴任。団体、企業などでの講演多数。
15:30~16:30
[受付開始 15:15]
追加公演
【B-08】

【B-04】と同内容
『DocuWorks9 がもたらす、さまざまな価値のご紹介!』(60分)

机・紙・ふで箱などの環境をPCに持ち込んだDocuWorks。

DocuWorksとは?

新機能のご紹介と共に、スマートな働き方に繋がるいろいろな活用シーンをご紹介いたします。
さらに最新バージョンにて操作・作業を定型化し、業務の平準化・標準化に貢献する活用方法もご紹介いたします。

【講師】
富士ゼロックス株式会社 中央営業事業部 BT 第1営業部 IT基盤営業G DWチーム
チーム長 大田 英司

【プロフィール】
1998年よりDocuWorksをベースにした、お客様のドキュメントにかかる作業の改善提案を数多く手がけ、現在では超大手のお客様に、働き方改革をキーワードにDocuWorksのもたらす価値を提案し続けている。
13:30~14:30
[受付開始 13:15]
追加公演
【B-09】

【A-06】と同内容
『Smart Work の実現! 富士フイルムグループの業務効率化、業務品質向上実践事例』(60分)

Smart Workを実現するために、富士フイルムグループ企業においても業務遂行における課題がありました。特に、定型・大量に発生する業務において、あるべき業務プロセスデザインを実施し、その実現のために複合機利用のスキャン、OCRによるデジタル化とRPAによるシステム間連携などの技術を駆使して取り組みました。
これら、効率化に結びつけるとともに業務品質の向上にも成果をもたらした事例をご紹介します。また、この取り組みの進め方と獲得したノウハウ、課題と対応策もご紹介し、お客様のSmart Work化取り組みへの一助になる内容をご紹介いたします。

【講師】
富士ゼロックス株式会社 スマートワークイノベーション事業本部 SWI ソリューション統括 SWI 推進部
部長 近藤 成一

【プロフィール】
SE・SE-Mgr.・ソリューション営業Mgr.として、一貫してお客様の業務課題達成ソリューション提案/設計/運用設計/プロジェクトマネジメントに従事。
2018年度より新たな価値創造をお客様とともに実践するSWI推進部にて、「Smart Work Innovation」に取り組み中。
17:00~18:00
[受付開始 16:45]

展示のご案内

 価値創造を中心とした働き方へ ~ Smart Work Innovation のご紹介~
  ・自然言語処理や画像認識など、先進のテクノロジーやAIを駆使し、よりイノベーティブな働き方へ

 AI-OCRとRPAを活用した定型業務自動化ソリューション
  ・定型作業(ルーチンワーク)の自動化

 技術伝承ソリューション
  ・属人化しているノウハウの「見える化」「継承」

 製造品質の見える化
  ・生産現場で日々発生するデータの取得と、集計・分析・他システム連携を効率的に実現

 煩雑な紙業務の効率化による生産性向上~ DocuWorks を活用した Smart Work の実現~
  ・業務手順の標準化で業務品質を向上

 DocuWorks体験コーナー
  ・国内販売累計500万ライセンスを達成したドキュメント・ハンドリングソフトウェア
   ますます便利になった「DocuWorks 9」をご体感ください。

 “顧客情報起点”による営業プロセス変革に向けたソリューション
  ・顧客情報の有効利用

 SFA データの効率的、効果的な可視化!
  ・SFAを導入しているのに、営業データの可視化に、Excelを駆使していませんか?

 富士ゼロックスが自ら実践する“働き方改革”におけるコミュニケーション環境のご提案
  ・場所に縛られない働き方を実現するICT(コミュニケーション)環境

 経理業務改善ソリューション
  ・クラウドを活用した会計/経費精算ソフトと複合機が連携する経理業務の改善

 テレワークにおける文書入出力の改善ソリューション
  ・クラウドサービスや、WiFi環境を利用したスマートな文書入出力環境

 働き方改革推進の第一歩 ~全社ペーパーレスを実現するワークフロー&文書管理システム~
  ・従来のリスクマネジメント・ガバナンス強化だけではなく、創造的なワークスタイルを実現

 イノベーションデザイン支援ソリューション
  ・ITツールを活用して全員参加型のコラボレーションで、より良い製品作りを実現

  など、多数ご用意しております。

※出展内容は、予告なく変更する場合もございます。

 

 

会場のご案内

◆開催日時:2018年7月26日(木)、27日(金) 9:00~18:00

◆会場:富士ゼロックス株式会社
    Document CORE Tokyo
    東京都港区六本木3-1-1 六本木ティーキューブ 5階

◆交通アクセス
 ・地下鉄南北線「六本木一丁目駅」(出口1方面)直結
 ・地下鉄銀座線、南北線「溜池山王駅」(13番出口)より徒歩7分
 ・地下鉄日比谷線、都営大江戸線「六本木駅」(5番出口)より徒歩7分