DTP Festa in TOKYO 2012 June

~ DTP New Work Styleに向けて ~
富士ゼロックス東京は、DTP領域における様々なお役立ちをクリエーションからOutPut(Printing)までワンストップで提供するベストパートナーです。

時代に合ったニューワークスタイルの変革に向けた、クリエイティブワークやプリント・印刷ワークフローの価値を高める最新情報を提供いたします。


セミナー・展示の事前申し込みは終了いたしました。

<img src="/tkx/product/event/dtpfesta201206/images/201206dtptitle.jpg" width="721" height="317" alt="DTPFesta in TOKYO 2012 June" title="DTPFesta in TOKYO 2012 June">

開催のご案内

拝啓 日頃は、富士ゼロックス商品・サービスに格別のご愛顧を賜り、厚く御礼申し上げます。

 世界的に不況の中、デザイン・印刷業界でもコスト削減・業務効率が叫ばれ、限られた時間や予算の中で、クオリティの高い作品 作りが望まれています。
 また、企業存続としてDTP業界におけるデザインの漏洩防止、セキュリティ、コンプライアンスなどのニーズも高まっています。
 富士ゼロックス東京では、これらのニーズにお応えすべくデザイン・印刷市場のお客様の課題解決をご支援させていただくため 「DTP Festa in TOKYO 2012 June」を開催する運びとなりました。
 お客様にとってベストパートナーとなれるように、会場では、アドビシステムズ株式会社・Apple Japanによる最新のDTPセミナーや、弊社ならではのDTP市場のお客様に向けた各種ソリューションを開催させていただいております。
 ご多忙の折とは存じますが、何卒ご来場賜りますようご案内申し上げます。

敬具

富士ゼロックス東京株式会社 代表取締役社長 関根 勇

無料セミナー ●事前申込制


会場:パティオC
株式会社mips代表取締役 小野寺 英毅氏
「紙からWebへ導くスマフォ時代の新ツール。紙面の価値を倍増する新サービスのご案内」
「RHETOLO(レトロ)」は、ブラウザ検索やQRコードに変わる新しい第3の検索サービスです。「数字」「数字*数字」だけで、長いURLや、 マップ、メールアドレス、電話番号などの複数情報を、一回で検索できます。例えば、〔634〕と入力して検索すると「東京スカイツリー」の オフィシャルHPや地図を1回のタップで表示できます。
RHETOLO(レトロ)サービスは、紙メディアからデジタルへ導く全く新しいツールです。 数字の表記で複数の情報へユーザーを簡易に誘導できますので、キーワードやQRコードに比べスペースの有効活用、 デザインの可能性に優れた効果を発揮します。RHETOLOは紙面の情報価値を3倍にします!

株式会社mips代表取締役 
小野寺 英毅(おのでら えいき)氏

【プロフィール】
ITコンサルティング、事業再生コンサルティングを中心に事業活動を行う。2011年5月より「RHETOLOサービス」開発元の株式会社ピコ・ラボと業務提携、RHETOLOの事業化を推進。現在は株式会社販促ファクトリーと共に「RHETOLOサービス」の営業促進を行っている。
6月12日(火)
10:20~11:40
アドビ システムズ 株式会社 大倉 壽子氏
「新登場!Adobe Creative Suite 6 & Adobe Creative Cloud」
ついにベールを脱いだAdobe Creative Suite 6 & Adobe Creative Cloud の全貌が今ここに。史上最高のリリースであるAdobe Creative Suite 6。Adobe Creative Cloud ならその最高のクリエイティブツールのすべてを入手することができます。ユーザー目線に 立った簡素化されたワークフローや、 Mercury System のさらなる最適化によるパフォーマンスの向上。 いつでもどこでもアイデアを形 にし、よりよいクリエイティブ作業が実現できます。 科学と魔法が一つになり革新的な新たなアドビマジックが誕生。 印刷並びにデジ タルパブリッシング制作双方のための 効率化と、HTML5/CSS3 など、最新のWeb 標準のさらなる強化により、 あらゆるサイズのスク リーンに対応する、Web サイトやアプリの開発がより簡単に。 印刷から、Web、映像編集に至るまで、すべてのクリエイティビティー を刺激する製品を多数ご紹介します。常に進化し続けるAdobe Creative Cloud と、CS6 の最新機能。 乞うご期待ください。

アドビ システムズ 株式会社
大倉 壽子(おおくら ひさこ)氏

【プロフィール】
アドビ システムズにて、全製品を網羅しているスペシャリスト。
全国各地でアドビ製品を最新バージョンから、裏技まで常にユーザー目線で紹介。わかりやすいセミナーだと、定評有り。
6月12日(火)
6月13日(水)
6月14日(木)
13:00~15:00 (休憩含む)
株式会社カマタ 代表取締役社長 山田 仁氏
「2012年ヒット予測!スマホユーザーを取り込むAR(拡張現実)導入事例紹介セミナー」
今、市場に出回っているAR アプリのほとんどが、AR の持つ素晴らしい能力を充分に発揮できていない状況にあります。それはAR という技術が、一般に正しく理解されていないために、AR という名前を冠しただけのアプリが蔓延しているからなのです。AR を有効に 活用するためには、AR 技術の仕組みや専門的な知識を理解した上で、その特性を活かせるような企画を考えなければいけません。し かし、現状ではほとんどのアプリがそれらを実現できていません。セミナー活動を通して、多くの方にAR の仕組みや利用法を正しく理 解して頂くことによって、AR で実現する便利な社会の形成に貢献したいと考えております。

株式会社カマタ 
代表取締役社長 山田 仁(やまだ ひとし)氏

【プロフィール】
DMに関わるあらゆる経験を積み、2007 年1 月、代表取締役社長に就任。現在は、紙媒体との「メディアミックス」による「AR(拡張現実)」、「V-STUDIO(動画)」等の新事業を展開。
6月12日(火)
16:00~17:30
フォントワークス株式会社 仁田野 良介氏
「DTPとフォント環境のこれまでとこれから 〜 About 20 years 〜」
Macintosh DTP の登場からおよそ20 年が経過し、デザイン環境も大きく変化してきました。その黎明期から書体メーカ ーとして誕生したフォントワークス株式会社も、紙からデジタル、デザインの内製化、フォントの新しい価格体系とその提供スタ イルなどさまざまな変化や出来事を経験しました。そこで今回、DTP の歴史や書体のトレンドなどの“ これまで” を振り 返りながら、DTP とフォント環境の現在、そして“ これから” をお話しします。

フォントワークス株式会社 マーケティング本部 LETSプロジェクト販売推進課
仁田野 良介(にたの りょうすけ)氏

【プロフィール】
1995年フォントワークス入社。年間ライセンス「LETS」のプロジェ クトリーダーとして携わる。現在は、販売推進/カタログ制作/広 報担当部門に所属。2002年より全国の富士ゼロックスグループに てセミナーを実施。最近では、自治体を対象とした講座などにも講 師として参加。
6月13日(水)
10:20~11:40
データセクション株式会社 取締役会長 橋本 大也氏
「未来の顧客をどこで探すか?〜デジタルネイティブ世代 の思考と行動学〜」
生まれついてのデジタルとネットワーク世代の文化を彼らとともに探究する“ デジタルネイティブ・ラボ” の活動から、これから求め られている商品・サービス、そして教育環境とは何かを考えます。
( ※デジタルネイティブとは、生まれた時からインターネットやパソコ ンのある生活環境の中で育ってきた世代。米国では幼い子どもが絵本をiPad を触るようにして、絵が動かないことを不思議がります。 日本でも1 〜 2 歳の子供が上手にiPad を操作するデジタルキッズの名でTV でも放映されました。このように10 年後20 年後のメイ ンのお客様は今とは感覚が違うデジタルネイティブ世代なのです。)

データセクション株式会社
取締役会長 橋本 大也(はしもと だいや)氏

【プロフィール】
ITビジネスの起業家。早稲田大学在学中にインターネットの可能性に目覚め技術ベンチャーを創業。主な著書に「情報力」「情報考学 —WEB時代の羅針盤213冊」「新・データベースメディア戦略。」「アクセスを増やすホームページ革命術」等。株式会社早稲田情報技術研 究所取締役、株式会社日本技芸取締役、多摩大学大学院経営情報学研究科客員教授等を兼任。
6月14日(木)
10:20~11:40
株式会社スイッチ 鷹野 雅弘氏
「HTML5 ?レスポンシブWebデザイン? プリントメディアの人もおさえておきたいWebの最新動向」
電子書籍をハブにますますプリントメディアとWebの垣根があいまいなものとなってきました。 HTML5、ePub、レスポンシブWebデザインなど、どんどん出てくる新しいテクノロジー、深く理解す る必要はなくてもどんなものかおさえておきたいものです。最近、よく聞くHTML5。これにはHTML 言語のみを対象とする「狭義のHTML5」と、ジオロケーションやCSS3などの周辺技術を含む「広義 のHTML5」があります。後者は、主にアプリケーションとしてWebを利用するときに使うものと考え るとよいでしょう。一方、電子書籍のフォーマットのひとつとして注目されている「ePub」の中身は HTML+CSSでできています。InDesignはePub書き出しをうたっていますが、HTML/CSSのベー シックなところをきちんとおさえておかないことには、ちょっとした修正さえ困難です。また、スムー ズなワークフロー構築のために、プリントメディア用のデータ作りの際に配慮しておきたいこともわ かります。このように、電子書籍をハブに、ますますプリントメディアとWebの垣根があいまいなもの になり、「Web制作はあまりやらないから」と、スルーできない状況になりつつあります。このセッシ ョンでは、どんどん出てくる新しいテクノロジーについて、“深く理解する必要はなくてもどんなもの かおさえておく”という視点で、HTML5、CSS3、マルチデバイス対応(レスポンシブWebデザイン、 jQuery Mobile)、Facebookなどで用いられるOGPなどをざっくり凝縮してお伝えします。

株式会社スイッチ 
鷹野 雅弘(たかの まさひろ)氏

【プロフィール】
Webサイトの構築やコンサルティングを中心に、WebやDTPに関しての講演やトレーニングのほか、スクールなどのカリキュラ ム開発も手がける。テクニカルライターとして20冊以上の著書を持つほか、書籍の企画や編集なども行っている。2005年からCSS Niteを主宰。主な著書に『10倍ラクするIllustrator仕事術』(共著、技術評論社)、『効率的なサイト制作のためDreamweaverの 教科書(CS5.5対応版)』(共著、マイナビ)、企画編集を行った書籍に『現場のプロから学ぶXHTML+CSS』(マイナビ)など。
6月13日(水)
6月14日(木)
16:00~17:30

会場:パティオB
iBooks Authorを使った電子カタログの制作ワークショプ Mac App Store から無料でダウンロードできるiBooks Author は画像や動画を柔軟に配置することができるマルチメディアなオー サリングソフトで米国では電子書籍・電子教科書作成ツールとして有名です。Mac のLion 以降のバージョンで利用でき、電子カタ ログや電子チラシで企業案内や電子チラシなどリッチなコンテンツが作成可能です。本セミナーはiMovie、iPhoto の操方法から iBooks Author で電子カタログの制作方法までをお伝えするワークショップです。iPad と付属ケーブルをお持ちのお客様はiBooks Author の完成品をその場でご覧いただけますので是非ともお持ちください。なお、お持ちいただくiPad に「iBooks」を事前に入れ ておいてください。



展示のご案内

<img src="/tkx/product/event/dtpfesta201206/images/DTP_festa_map.jpg" width="800" height="276" alt="会場レイアウト" title="会場レイアウト">
~ 展示一覧[PDF:106KB] ~

Adobe CS6 ゾーン

5月に販売開始となったAdobe Creative Suite 6を実際にご体験頂けるコーナーです。

校正コスト削減・ビジネス増力ゾーン

ビジネスチャンス拡大の為に、PODでできるさまざまな成果物の展示と色校正にかかるコストの削減をご紹介します。

校正・カラーマッチングゾーン

制作段階におけるカラーマッチングにお悩みの方、必見です!

iPad向けコンテンツ&Adobeプラグインゾーン

iPad・iPhone向けコンテンツの作成ツールやAdobeプラグインソフトなどをご紹介します。

ソフトウェア&大判プリンターゾーン

フォント・ソフト・大判プリンターなど、様々なお役立ちアイテムをご紹介します。

ストレージゾーン

大容量ストレージ・Thunderbolt搭載ストレージなど各種ストレージをご紹介します。

サプライゾーン

PC周りのサプライ品、DTP向けお勧め商品をご紹介します。

複製古文書作成での文化推進活動

Adobe Photoshopと富士ゼロックスの技術を活用して複製した古文書を展示しています。お手にとってご覧いただけます。




会場のご案内

◆開催日時:2012年6月12日(火)・13日(水)・14日(木) 10:00~18:00
       ご来場は17:30までにお願いいたします。


◆会場:富士ゼロックス株式会社 Document CORE Tokyo
東京都港区六本木3-1-1 六本木ティーキューブ5階


◆交通アクセス

・地下鉄南北線「六本木一丁目駅」(出口1方面)直結

・地下鉄銀座線、南北線「溜池山王駅」(13番出口)より徒歩7分

・地下鉄日比谷線、都営大江戸線「六本木駅」(5番出口)より徒歩7分

PDF をご覧になるためには、Adobe® Reader® が必要になります。

FLASHをご覧になるためには、Adobe® Flash® Playerが必要になります。